デビットカードは審査がいらないってホント?

デビットカードにはクレジットカード番号がついているものがある

銀行が発行するカードの中にはデビットカードと呼ばれるものがあります。形態にはいくつかの種類があり、もともとは申し込みを行うことで既存のキャッシュカードをデビットカードとしても使えるという仕組みになっていましたが、最近は、クレジットカード会社からカード番号の提供を受けて、実店舗やインターネットショップのクレジットカード払いにも対応できるデビットカードがあります。
こういったタイプのデビットカードを使う場合は、既存のキャッシュカードを破棄し、銀行から送られてきたクレジットカード番号が入ったキャッシュカード兼デビットカードだけを使うということになります。また、キャッシュカードとは別にクレジットカー番号つきのデビットカード発行する銀行もあります。

カード番号付きで貸し越しサービスがあると審査が行われることも

では、デビットカードを発行してもらう場合、審査は本当に不要なのかというと、完全に不要な銀行もあれば、独自の審査を行っている銀行も存在します。基本的に、クレジットカード番号がついていないデビットカードであれば、申し込みさえすれば否決されることなく、誰でも使えます。ただ、クレジットカード番号付きのデビットカードの場合、銀行によっては、口座に入っているお金がカードへの請求額より少ないとき、貸し越しを行ってくれるので、審査が必要となる場合もあるのです。
ただ、デビットカードで貸し越しをしてくれる銀行はごくわずかであり、ほとんどの銀行では口座残高に比べて請求額が多いときはエラー扱いにするので、そういったところのデビットカードなら審査はありません。

クレジットカードで決済をおこなうと、ホテルで宿泊するさいは、チェックインがとてもスムーズです。ホテル側もインに時間をかけずに案内できるので助かっています

Copyright © Purpose Card. All Rights Reserved